童貞卒業法管理人ブログ

童貞卒業法~ウソをついてしまった~

こんにちは。
童貞卒業法の管理人、石井すぐるです。

今日は、童貞卒業法を伝えるに当たり、童貞卒業ができていない男性に比較的多い悩みについて書いてみたいと思います。
それは、

自分の経験について、嘘をついてしまった。

人についてです。

実は、僕にも経験があります。
僕の場合は、まだ大学に在学していた頃の話になりますが。
当時の僕は、まだ彼女というのを作ったことがありませんでした。
外見は普通、女友達も多く、みんなが当たり前に「彼女作ったことがあるやつ」という認識でした。
だから、飲み会とかでは「今まで彼女何人いた事ある?」とか「初エッチいつ?」とかいう話題を振られることが多かったんですよね。

でも、見栄というか、彼女いない歴が恥ずかしいというか、ウソをついてました。

彼女もいたし、既に童貞卒業しているよと。
けど、本当はキスすらまだという感じでしたね。
問題が起きたのは、その後、本当に彼女ができた時です。
同じサークルだった彼女。
運悪く、サークルの飲み会で何度も一緒してたので、「彼女はいたし、すでに経験済み」って認識を彼女も持っていたんです。
そうなると、

なかなか、手を出せない。嘘がばれるのが怖い。

ってなりますよね。
結局、そんな雰囲気になったときの、雰囲気に耐えれず2カ月で破局してしまいました。
その時、僕が実感したのは、

嘘つくんじゃなかったぁぁぁぁ。

ということ。
そうしたら、もっと彼女とうまく付き合えたかもしれないのに。
今日の僕のアドバイス。
もし、「経験がある」とか嘘をついた場合は、罪悪感が重くのしかかる前に告白しちゃいましょう!

童貞卒業の近道はこちら⇒童貞卒業法TOPへ

コメントをどうぞ